日本の実験で、低濃度のオゾンが新しいコロナウイルスを殺すことができることが初めて確認されました

人気商品

会社概要

華仕德科技股份有限公司台湾の専門メーカーであり、家庭用マイクロバブルオゾン水滅菌機と工業用超微細マイクロバブルオゾン洗浄システムのサービスプロバイダーです。1998年に設立され、18年以上の10秒滅菌機、10秒シャワー機、10秒ネットを備えています。水上飛行機、 マイクロナノバブル浴槽、工業用グレードマイクロナノバブル、 マイクロナノバブル漢方薬洗浄システム、マイクロバブル食品洗浄システム、植物成長ランプ、グリーンエネルギー光電、SMTプロセス能力製造経験、Huashideは常に顧客のさまざまな品質要件を満たすことができます。

日本の実験で、低濃度のオゾンが新しいコロナウイルスを殺すことができることが初めて確認されました

2020/08/27 華出

日本の藤田医科大学は本日、低濃度のオゾンは新しいコロナウイルス粒子を中和することができ、病院の診察室や待合室を消毒するための実行可能な方法である可能性があると述べました。これは、低濃度のオゾンが新しいコロナウイルスも殺すことができるという世界初の実験的確認です。


藤田医科大学の科学者たちは、オンライン記者会見で、人体に無害な0.05〜0.1ppm(parts per million)の低濃度オゾンがCOVID-19ウイルス(COVID-19)を殺すことができることを初めて確認したと述べた。


この実験では、新しいコロナウイルスのサンプルを含む限られたスペースでオゾン発生器を使用しました。低濃度のオゾンに10時間さらされると、ウイルスの活性は90%以上急激に低下しました。


研究を主導した藤田医科大学ウイルス・寄生虫学教授の村田隆行氏は、「継続的な低濃度オゾン処理により、新しいコロナウイルスの拡散を抑え、人間のいる環境でも使用できる。このシステム。この方法は、高湿度環境で特に効果的であることがわかりました。」


オゾンは、多くの病原体を不活化することが知られている酸素分子です。以前の実験では、1〜6ppmの高濃度のオゾンが新しいコロナウイルスに対しては効果的ですが、人体に害を及ぼす可能性があります。


藤田医科大学は、これまで人体に有害であることが知られていた高濃度オゾンがコロナウイルスの活性を阻害する可能性があると指摘しましたが、低濃度オゾンにも効果があり、世界初の実験確認となりました。この研究に基づいて、混雑した環境で低濃度のオゾンを適切に生成すれば、感染のリスクを減らすことができることがわかりました。


ジョージア工科大学による最近の研究では、オゾンが防護服、ゴーグル、その他の医療用保護具を消毒できることがわかりました。


日本の愛知県にある藤田医科大学病院は、院内感染を減らすために病棟と待機エリアにオゾン発生器を設置しました。

華仕德科技より良いサービスと革新的な製品を提供し続け、より良い生活を創造するためにあなたと協力します。